21番札所 太龍寺

舎心山 常住院 太龍寺(しゃしんざん じょうしゅういん たいりゅうじ)

徳島県阿南市加茂町龍山2

「西の高野」と言われる壮大な寺です。

21番鶴林寺から、歩いて6.5km、車で16kmです。

古来から最難関の「遍路ころがし」と言われる難所でしたが、
今は、ローブウエイで標高600mの山頂にある寺まで、10分程度で登れます。

弘法大師が100日間の修行をしたと伝えられ、ロープウェイからは、
剣山系、瀬戸内の海とともに、弘法大師の像が見られます。

境内は広く、堂塔が立ち並ぶ。

のうぼう あきゃしゃ きゃらばや おん ありきゃ まりぼり そわか
合掌

ロープウエイ
山並み
弘法大師像
ロープウェイから参道
凍結していた
境 内
四国巡礼の鐘 21番 太龍寺
御朱印

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

20番札所 鶴林寺

次の記事

22番札所 平等寺